講習内容

講義

「シンフォニア農法の素、地球の摂理を生物学で捉え、私たち人間を知る」

<講習内容>
食べることを理解する 人間は、何故食べなければならないのか?
動物が存在する意味 地球の起源からわかる、生態系の基礎
豊かな生き物とは? 健康に生き延びやすく強いとは? “多様”であること
究極の利己とは? 自然の生態系構造から、“多様性”の仕組みを学ぶ
豊かさの継続は、変化し続けること、動いていること 現代人の造成は止まっていて朽ちるのみ
1つ目の“循環”「水」 止まっている水は腐敗する、動いている水は命、体内でも土中でも
2つ目の“循環”「たんぱく質」 無いところから現れずゼロにもならない、目に見える命の受け渡し
人間という動物とは? 優れた脳による煩悩と、生物本来の生理反応 生理は人類の経験値
免疫を知る 生理反応は、腸内細菌コレクション 先人の知恵・日本に伝わる習慣の意味
地球の全ての生き物を支える微生物 水で交信、個ではなく種の存続の為に
免疫力向上 基礎免疫の差以上の影響は
現代の食事情 仕組みはお金の為に、自分の為には何?
未来は 若い世代を育み継承、1人1人オリジナルで多様な役割、生態系は対
シンフォニア農法とは 誰でも今から始められる、動物は「種を蒔く(動く)」ことが大事
 

講義+質疑応答 約5時間
出張での開催 基本講習料 8万円(税込)+交通費他

(実践講習との連日開催に限り、約3時間 5万円 応相談)

実践講習(初心者~初級)

「シンフォニア農法、畑・山間部での現地講習 (初心者~初級者向け)」

(講義を受けた者のみ)

<講習内容>
地球の摂理のおさらい、煩悩とのすみ分け
地形・立地を読む、これまでの環境・周囲の人の想いを読む、植生・微生物・土を読む
土に動きを導く、自然の流れと人の意向の反映、造作の基本的な考え方、縁
道具の意味と使い方、怪我をしない、真の持続可能
まず水を動かし、次にたんぱく質循環を多様に
種について、選び方、蒔く時期、蒔く方法、などの考え方
今日中に、必ず種を蒔く
山の土をお手本に、何故水をやるの? 植物や動物が生きやすい環境に
発芽、枯れ死、虫食い、初期生育、追い蒔き
雑草は抜くのか?間引きは必要か?支柱やネットは?収穫の意味
 

現地講習 約5時間
出張での開催 基本講習料 8万円(税込)+交通費他

(講義との連日開催に限り、約3時間 5万円 応相談)

実践講習(初級中級以上)

「シンフォニア農法、畑・山間部での現地講習 (初級者~中級者以上)」

<講習内容は個別対応>
 

現地講習 約3時間
出張での開催 基本講習料 5万円(税込)+交通費他

(基本、連日開催)

味噌作り講習

<講習内容>
講義+味噌作り
*10月末~2月初頃、寒仕込み

講義 約1時間
自然の生態系構造からわかる、免疫としての発酵食品の意味
自宅で仕込み、人目に触れる所で発酵させる本当の意味
味噌作りの原料の拘りと市販の食品との違い
良い発酵にさせる為に大事な仕込み過程
味噌作り準備と工程

味噌作り 約2時間
1セット 完成約4kg持ち帰り 5,500円(税込)~
=例=
大豆 1kg+米麹 1kg 5,500円(完成 約4kg)
大豆 1kg+麦麹 1kg 5,500円(完成 約4kg)
黒豆 1kg+米麹 1kg 6,000円(完成 約4kg)
 

講習料 1人2,000円(初めての方)+味噌作り代

出張の場合、事前仕込みの分担含め、応相談(出張手数料 別途)


PAGE TOP